日本にいながらタイ現地の医療保険への加入方法

タイ居住までの話

ビザの書類を準備しながら進めていたことがあります。

それは医療保険への加入

当時、コロナ真っ只中のタイでは

Thailand Passというシステムを導入しており、入国時に

  • 5万USドル以上の治療補償がついている保険への加入
  • 2回以上の新型コロナワクチン接種証明書
  • 隔離ホテル1泊分の予約確認書
  • 入国前72時間以内に発行されたPCR陰性証明書

PCR陰性証明書以外を用意して

専用のサイトから一人一人申請していくものでした。

タイ入国の許可がおりると

メールでQRコードが送られてくるという流れです。

申請してから許可がおりるまで一週間ぐらいかかります。

我が家の場合は11/24に申請して11/29に許可がおりました。

Thailand Pass 必要書類

5万USドル以上の治療補償がついている保険への加入

みなさん海外に旅行へ行く際は

海外旅行傷害保険などに加入されますか?

私は加入していませんでした。

なぜならクレジットカードの補償で十分だと思っていたからです。

しかし今回のタイ渡航ではそうはいきませんでした。

5万USドル以上が補償される保険に入らなければいけなかったのです。

大体のクレカの治療補償額は1〜200万円、

ランクの高いクレカであっても300万円程度の補償額がほとんどです。

クレカを複数枚持っていると補償額が合算できるので

なんとかこの辺りはクリアできたかもしれませんが、

問題は補償期間です。

今回私たちはタイ滞在最終日、

つまり入国から1年後までが補償範囲

医療保険に加入する必要がありました。

クレカの補償期間は出国後から90日程度です。

ということで、現地の民間医療保険または

海外旅行保険に入らなければいけませんでした。

そこで私たちが加入したのがPacific Cross社の医療保険です。

Pacific Cross

色々と比較した結果、こちらの保険のコスパが最強だったのと

日本語でやりとりできる正規代理人の方がいたからです。

こちらのサイトです。

担当の秋山さんに直接メール、または(国際電話になりますが)電話すると

返信いただけますので

言われた通りに書類を準備するだけです。

日本にいながら全ての手続きが完了します。

クレジットカード払いもできました。

私たちは、大人1人と子供2人の加入で、半年払いを選択して、

(一括か半年払いが選択できました!)

3人で47,000バーツほどの支払いでした。

(当時のレートが1円=3.1バーツなので約145,700円

保険なのでもちろん審査があり、持病などがある方は

加入できない、もしくは金額が上がる可能性があります。

事実うちの子は1人食物アレルギーがあるので加入できませんでした。

その結果、かなり高い東京海上の海外留学保険に加入しました。

 

迷われている方は一度問い合わせみるといいと思います。

 

プランがいくつかあるので予算によって内容の選択ができるようでした。

 

主人はまた別のプランで保険加入していました。

これで入国に必要な全員分の保険は揃いました。

2回以上の新型コロナワクチン接種証明書

渡航14日前までに接種完了している必要があります。

 

実は私、コロナワクチンに対してとても疑問を感じていたので

初めは受けるつもりは全くありませんでした。

だってなんだかよく分からない新しいものを

自分の体に入れるなんて怖すぎる!と思っていたのです。

後遺症の話なんかもありましたしね。。

当時、接種しなくてもタイへの渡航はできましたが、

隔離期間が14日と長くなる上に

その分のホテル代もかかる、、

14日間もホテルから出られない苦痛と

ワクチン接種の苦痛を天秤にかけた時に、、、、

、、、

接種することにしました。

しかし接種後の副反応も結構あったので

もう2度と打ちたくない、と思ったのを覚えています。

 

ちなみに接種の必要があったのは大人のみ。

12歳以下は同伴の親が接種していれば

特に提出するものはありませんでした。

隔離ホテル1泊分の予約確認書

タイ入国後、隔離するためのホテルは自費で用意します。

専用のサイトがあり

ASQまたはSHA Extra+のホテルを予約することができました。

空港近くの [Siam Mandarina Hotel] へ宿泊しました。

大人2人と子供3人の5名分、

空港からの送迎、PCR検査、食事2回(朝、夕)ついて

20,000バーツでした。

 

ホテルの部屋から一歩も出られないし、

食事も何時に来るか分からないし、

飲み物も自由に買えなかったけど、

貴重な経験をしたと思っています。

こんな風に部屋から外を眺めるしかできなかった

入国前72時間以内に発行されたPCR陰性証明書

この書類があったから、最後の最後まで気を抜けなかったんですよね。

出国直前に全員でPCR検査を受けて

全員分の陰性証明書を手に入れなければいけなかったのです。

ここで1人でも陽性反応が出れば

これまでの準備や出費は全て水の泡。。

今考えただけでもゾッとします。

無事に証明書は手に入り、費用は

1人15,000円✖️5人分 合計75,000円でした。

まとめ

今はもうThailand Passも廃止されて

以前のように自由に入国できるようです。

あまり参考になることはないかもしれませんが

今でも保険の加入は推奨されているので

長くタイに滞在予定の方はぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました