タイ〜EDビザとOビザでの入国〜延長手続き〜

タイの暮らし

無事にビザとThailand Pass、PCR検査陰性証明書を手に入れて

いざタイに入国です。

搭乗予定の飛行機を眺める我が子たち

入国する際に、写真のようにスタンプを押されるのですが、

上の赤文字で記載されている日付が、入国日

下の黒文字で記載されている日付が、今回のビザでの滞在可能期限

つまり滞在期間を延長したい場合は

3/15までに手続きをしなければいけないのです。

これをしないまま滞在し続けてしまうと

罰金を取られたり、

強制送還の上、最悪タイに入国できなくなります。

必ず手続きを行いましょう。

ビザ延長方法

バンコクでのビザ延長手続きは

チェーンワッタナのイミグレーションで行います。

イミグレーションまでに行き方は、下の記事でまとめてあります。

バンコク、イミグレーションまでの行き方
バンコクのイミグレーションまでの行き方の記事です。

ビザの延長ができる日にちは期限日の45日前から。

我が家の場合は3/15が期限日だったので

1/29から申延長請可能ということになります。

私たちは3/2に行きました。

ではまずは申請に必要な書類の確認から。

必要書類

  • パスポート
  • 出入国カード(TM6) ←今は無くなったらしい!?
  • 申請書(TM7)
  • 証明写真(4×6センチ)
  • 外国人居住報告書(TM30)
  • 学校からの必要書類
  • 申請費用1900バーツ/1人
  • 翻訳済みの戸籍謄本
  • 現地銀行口座50万バーツ以上の預金残高証明書

パスポート

  • 顔写真ページ
  • ビザページ
  • 入国スタンプが押されたページ

のコピーが必要です。

コピーした用紙にパスポートと同じサインを記載します。

コピー機はイミグレの1階にあります(確か1枚2バーツ)。

何も言わなくても店員の方がテキパキと

必要なページだけコピーしてくれます。

ただし複数必要な場合や、

イレギュラーな場合はしっかりと伝えてあげたほうがいいです。

出入国カード(TM6)

タイへ向かう飛行機の中でCAさんに紙を渡されます。

それが出入国カード(TM6)です。

こんな感じのもの。

こちらの半券を捨てずに必ず持っていきます。

ただ、今はこの用紙は無くなったようです。

申請書(TM7)

この書類を準備します。

用紙はイミグレの入り口で案内の方からもらえますが

こちらからダウンロードもできます。

証明写真(4×6センチ)

タイの証明写真はサイズが日本とは違います。

サイズが違うと申請できないので注意してくださいね。

イミグレ1階、コピー機と同じ場所で用意できます。

私の場合は4枚で100バーツでした。

外国人居住報告書(TM30)

この書類は、タイでコンドミニアムやアパートの契約をした際に

オーナーさんが申請するものです。

日系の不動産会社を通して賃貸契約している方は問題ないかと思いますが、

個人や外国の不動産会社と契約している場合、

時々この申請をしていない方もいるそうです。

タイ入国後24時間以内に申請していないと罰金になる可能性があるので

しっかりと申請されているか必ず確認してください。

私たちの場合は、不動産会社がオンラインで申請しているようでした。

こんな感じの書類をデータもらえたのでプリントアウトして持っていきました。

学校からの必要書類

こちらも日本でビザを取得する時と同様に

学校に依頼してもらうだけです。

申請費用1900バーツ/1人

こちらは現金のみですのでご注意ください。

ちなみにイミグレの1階に銀行ATMはあるので忘れても大丈夫。

翻訳済みの戸籍謄本

日本でのEDビザ申請方法を記載した記事の通り、

日本人の海外長期滞在ビザ〜タイ編〜EDビザ・Oビザ〜
EDビザとOビザを申請した時の日記です。申請方法を説明していきます。

ここで戸籍謄本を使うので必ず持ってきてください。

タイから取り寄せはできません。

まず持ってきた謄本を

タイの日本大使館で英語に翻訳してもらいます。

在タイ日本国大使館ウェブサイト

大使館で申請してから2−3営業日後に出来上がるので

翻訳してもらったものを取りに行きます。

受け取りの際に、手数料も支払います。1通300バーツくらいです。

現地銀行口座50万バーツ以上の預金残高証明書

銀行開設記事はこちらです。

ワーパミなし!タイでノンイミグラントビザを持って銀行口座を開設する方法
ノンイミグラントビザでカシコン銀行の口座を開設したときの記事です。

パスポートと通帳を持って

銀行の窓口に行くと即日発行してもらえます。

手数料は確か100バーツ。

ビザの延長申請に行く当日の残高証明書が一番いいので

できればイミグレで用意しましょう。

事前に準備する場合はできるだけ申請日に近い日付で用意してください。

取り直しさせられることがあります。

ちなみに私たちは、

1度目の申請時は、事前準備(前日準備)でOK

2度目は取り直しさせられました。

担当する職員によって判断が異なります。

ただ、取り直しになっても1階の銀行ですぐ取れるので大丈夫です。

イミグレの窓口の営業時間は決まっているので

そこだけはしっかりと確認していきましょう。

イミグレは待ってくれません。

申請手順

  • 整理券(キュー)を受け取る
  • ひたすら待つ
  • 書類を全て提出する
  • 不備がなければ延長のスタンプが押されて完了

となります。

必要書類は全て書き終えてから受付に向かいましょう。

書き終わっていないと整理券がもらえません。

受付で何の目的(visa extension)で来たかを伝え

整理券(キュー)を受け取ります。

あとはカウンター前でただひたすら待つのみです。

うろ覚えですがNカウンター辺りだったと思います。

この待ち時間がめちゃくちゃ長い。。

本当に長く待たされるので

暇つぶしを持っていった方がいいです。

そして、12時からお昼休憩が1時間あります。

何人待っていようが、途中だろうが

職員が一斉に休憩に入るのでこの1時間を挟むと

待ち時間はさらに長くなります。

たっぷりと時間に余裕を持って手続きしてくださいね。

 

全て問題なく終わるとこんな感じのスタンプが押されます。

これで延長手続きは終了です。

また一年後に同じ作業を行います。

 

どなたかのご参考になれば嬉しいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました